<< 淡白なタラで “タラの照り焼き”     喉の痛みには “大根あめ” >>